正法眼蔵がなければ死んでいた 私にとっての正法眼蔵 行仏威儀その八十二

 岩波文庫175ページ「諸仏は機に逗(とう)ずる説法ありとのみしりて、諸仏聴法すといはず、諸仏修行すといはず、諸仏成仏すといはず。いま玄沙の道には、すでに三世諸仏立地聴法といふ、諸仏聴法する性相あり。かならずしも能説をすぐれたりとし、能聴是法者を劣(れつ)なりといふことなかれ。説者尊なれば、聴者も尊なり。」

 (経師・論師は)坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動する仏といわれる方々は機会をとらえて説法をするということだけを知っていて、仏といわれる方々が説法を聞くとは言わないし、仏といわれる方々がさらに修行を続けていくと言わないし、仏といわれる方々がさらに自分を高めていくとは言わない。しかし、玄沙師備禅師の言葉には過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々が立って法を聞いていると言っている、仏といわれる方々が法を聞くという本質とその姿がある。必ずしも法を説くことが出来ることを優れているとし、法を聞くことができることを劣っていると言ってはいけない。説くことが尊いならば、聞くことも尊いのだ。

 今の世の中、ぎゃあぎゃあ自己主張をする人たちで溢れかえっている。この人たちが大宇宙の真理を体得しているはずはないと思う。

 真実を聞くことが出来なければ話にならない。聞くことが出来るからこそ話すことが出来る。聞くことと話すことは同次元のことなのだ。今は話すことだけが注目され、評価されているように感じる。きちんと聞けるというのは素晴らしいことなのに。

 たとえ大宇宙の真理を坐禅によって体得したとしても、さらに法を聞き、坐禅をし続けなければいけない。仏となってもずっと続けなければならない。修行は、坐禅は永遠に続く。「悟りました、はい終わり」などという軽薄、浅薄なものではない。毎日毎日、瞬間瞬間続けていくものなのだ。

 オリンピックで大騒ぎしているけど、それはそれでいいけれど、毎日毎日、瞬間瞬間をこつこつこつこつ続けていくことだけが人間の価値を決める。

 坐禅して大宇宙の真理、価値基準を体得しましょう。

正法眼蔵がなければ死んでいた 私にとっての正法眼蔵 行仏威儀その八十一

 岩波文庫174、175ページ「玄沙の道かくのごとくなりといへども、参学の力量とすべきところあり。いはゆる経師論師の大乗小乗の局量の性相にかかはれず、仏々祖々正伝せる性相を参学すべし。いはゆる三世諸仏の聴法なり。これ大小乗の性相にあらざるところなり。」

 玄沙師備禅師に対しては不十分なところはあるけれども、仏教を学ぶ上で力になることが含まれている。このことはいわゆる経典を読んでいるだけとか議論ばかりしている人たちが大乗だとか小乗だとか狭い範囲の中で本質(性)とは何か、とか現れている姿(相)だとかいっていることととは関係なく、歴代の仏祖の方々が正しく伝えてこられた本質とその現れ方を学ばなければいけない。それは過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々が法を聞くということである。このことは大乗、小乗に分けて性とか相を論じることではないのである。

 よく大乗仏教小乗仏教とか言われている。大乗は人を広く救済するから小乗より優れているかのような話を聞いたりもする。

 しかし道元禅師は、仏教は釈尊が説かれたものしかないのだから大乗、小乗の別を付けることに対して否定されていると私は思っている。

 大乗だとか小乗だとか狭い範囲のことに絡めとられ、本質を見失ってはいけないということだと思う。坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動する、炎のように燃え盛っている日常生活の瞬間瞬間を一生懸命に生きる。そのことを見失って、観念的・抽象的な頭の中の考えに振り回されてはいけない、そう思う。

 オリンピックにしてもコロナにしても、本当のところは「人間が生きる」こととどのような関係にあるのか、現実にある様々な事実をきちんととらえて、人間が生きることとの関係を論じるべきだと思うけれど、何だかなし崩しにオリンピックは始まるし、コロナの感染拡大は止まらないし、何なんでしょうね。

 「こういうことだからオリンピックをやることがよいのです」とか「感染は一定程度拡大するに決まっているので、ワクチン接種とかでこれくらいまでの水準にいつまでに抑え込みます」とか言わないから、すべてがなし崩し、何のためにやっているのか(非常事態宣言って何なんでしょうか?)さっぱりわからない。メディアもオリンピック開催に批判的だったように思うけど、連日取り上げている。節操がない気もするけど、商売ですからね、読んだり見てくれなかったらご飯食べられないから仕方ない。コロナに対しても「大変だ、大変だ」ばかり言っている。その方が商売になるのかな?

 反対でも賛成でもどちらでもいいけど、「人間が生きるとはどういうことか」に根差した議論じゃなきゃだめでしょう。その場その場の軽薄な表面的な意見はいらない。

 でもねえ、坐禅しなきゃ、そこのところは分からないですからね。今の世の中には暫くは無理でしょうね。

 坐禅しましょう。

正法眼蔵がなければ死んでいた 私にとっての正法眼蔵 行仏威儀その八十

 岩波文庫174ページ「三世諸仏の聴法は、諸仏祖の法なり、他よりかうぶらしむるにあらず。火焔を法と認ずることなかれ、火焔を仏と認ずることなかれ、火焔を火焔と認ずることなかれ。まことに師資の道(どう)なほざりなるべからず。将謂赤鬚胡(しょういしちしゅう)のみならんや、さらにこれ胡鬚赤(うしゅしち)なり。」

 過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々が大宇宙の真理を聞くということは、仏といわれる方々のあり方であって、他から影響を受けてこうだと言われるようなものではない。炎を大宇宙のあり方ととらえてはいけない、炎を大宇宙の真理を体得した存在ととらえてはいけない、炎を観念的な言葉で炎ととらえてはいけない。ここで出てきている師匠と弟子(雪峰義存禅師が師、玄沙師備禅師が弟子)の言葉をいい加減に扱ってはいけない。まさに言えるのは、赤い髭であるから西域人であるというだけではなく、西域人の髭は赤いということでもあるのだ。

 現実の世界、この日常生活を送るのは自分自身なのであって、他の人間がどうであるとかは関係ない。日常生活を観念的にいじり回したって何にもならない。瞬間瞬間行動していくしかない。現実を色々な観点から瞬間的に直観的にとらえられなければいけない。一つの立場からだけで扱えるほど現実は単純ではない。

 オリンピックの開会式を巡って騒動が続いている。あまり興味はないのだけれど、ざっと見聞きした範囲で言うと、「なんでこんなことしたの?」ということに尽きる。非難されている当事者もそうだし、そういう人間を選んだ方もそうだし、政治家のパフォーマンスとしか思えない行動もそうだ。

 何回も書いてきたけれど、日常生活は炎のように燃え盛っている、瞬間瞬間の行動を誤れば炎に焼き尽くされる。このことが分かっていないのだろう。現実を、日常生活をしっかり把握できていないとしか思えない。

 また、こういう問題が起こると、一斉に非難が始まる。まあ、そういう世の中だから仕方ないけど、本当の問題は、なぜこのようなことが起きるのかということだろう。

 坐禅して大宇宙の真理と一体となっていれば、このような行動は取れない。これが真の抜本的な解決法だ。理屈や観念論でいくら批判・非難したって、じゃあどうするのかには到達できない。うっかり変なことするとバッシングを受けるからやらないようにしよう、知られないようにしよう、というレベルでは人類は進歩しない。バッシングされて社会から抹殺される恐怖から言動に気を付けるというのでは(当面は仕方ないかもしれないが)、本質的には何も解決しない。

 坐禅しましょう。

正法眼蔵がなければ死んでいた 私にとっての正法眼蔵 行仏威儀その七十九

 岩波文庫174ページ「玄沙もいまだいはず、転法輪はこのときなりと。転法輪なしといはず。しかあれども、想料すらくは、玄沙おろかに転法輪は説法輪ならんと会取せるか。もししかあらば、なほ雪峰の道にくらし。火焔の三世諸仏のために説法のとき、三世諸仏立地聴法すとはしれりといへども、火焔転法輪のところに、火焔立地聴法すとしらず。火焔転法輪のところに、火焔同転法輪すといはず。」

 玄沙師備禅師もまだ言っていない、大宇宙の真理を展開しているのはこの時だと。大宇宙の真理を展開することがないとは言っていない。けれども推し量ってみると、玄沙師備禅師は残念なことに大宇宙の真理を展開するということは説法することだと理解しているように思える。もしそうであるならば、雪峰義存禅師の言葉を理解できていない。炎が過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々のために法を説いている時、過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々が立ってそれを聞いているということは知っているけれども、炎が大宇宙の真理を説いている時、炎が立ってそれを聞いているとことを知っていない。炎が大宇宙の真理を説いているところに、炎は同じく大宇宙の真理を説いているとは言えていない。

 日常生活は炎のように燃え盛っている。その中で瞬間瞬間生きていく、行動していくそのことが、転大法輪=大宇宙の真理を展開しているということだ。そのとき、炎と自分の区分などない。炎のように燃え盛っている中で行動している時、そのような余裕はない。観念的・抽象的には区分できても、頭の中で考えるならば区分できるかもしれないが、現実を生きるということは観念論・抽象論では不可能。現実と一体となって、現実を体全体で受け止めて一生懸命に行動していくしかない。そしてその瞬間瞬間を大宇宙の真理に即して行動するためには坐禅するしかない。

 ここのところは、道元禅師が玄沙師備禅師が若干観念論的な理解をしているのではないかと批判されているように思う。上に書いたように生きるというのは観念論ではない。現実は炎のように激しく厳しい。うっかりすれば焼き尽くされてしまう。

 オリンピックは次から次へとごたごたが起こっている。オリンピック開催に関わった人たちは現実を甘く見過ぎと感じられる。こんな一大イベントがそう簡単にできる訳なかろうに。何とかなるさと思ってたのかな?なりませんよ。

 坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動しましょう。

正法眼蔵がなければ死んでいた 私にとっての正法眼蔵 行仏威儀その七十八

 岩波文庫173ページ「玄沙の道(どう)に、「火焔為三世諸仏説法、三世諸仏立地聴(かえんいさんぜしょぶつせっぽう、さんぜしょぶつりっちちょう)」といふ、これは火焔たとひ「為三世諸仏説法」すとも、いまだ転法輪すといはず、また三世諸仏の法輪を転ずといはず。三世諸仏は立地聴すとも、三世諸仏祖の法輪、いかでか火焔これを転ずることあらん。為三世諸仏説法する火焔、又転大法輪すやいなや。」

 玄沙師備禅師の言葉に「火焔為三世諸仏説法、三世諸仏立地聴」とある。これは炎が過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々のために説法するとしているが、釈尊の教え=法を展開しているとは言っていないし、また過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々が法を展開されているとも言っていない。過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々は立って炎の説法を聞いているとしているが、過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々が体得されている法を炎が転回するということがあるだろうか。過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々のために説法している炎が大宇宙の真理を展開しているかどうか。

 この後さらに道元禅師は解説を進められる。ここのところは、炎、過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々、転法輪、転大法輪の関係を色々な角度から問いかけておられる。

 私は、火焔も三世諸仏も法輪も大法輪も結局のところ1つのこと、つまり坐禅して大宇宙の真理と一体となって炎のように燃え盛っている日常生活を行動するということに行きつくと思っている。何回もおなじことを書くけど、この日常生活の瞬間瞬間をどう生きるかに人間の価値はかかっている。

 オリンピックの開会式の音楽の一部を担当したミュージシャンが過去のいじめの問題で辞任したという。

 ここで2つのことを思う。

 1つは、因果の法則。大宇宙の真理に反したことをすれば、必ずその結果を背負わなければならない。

 2つめは、しかし今この瞬間そのミュージシャンは大宇宙の真理に対してどのような態度なのか、ということ。

 過去の自分の行動の結果を背負うことと、今この瞬間の状態をごちゃごちゃにして論じていいのだろうか、という気はする。まあ、今の状態について事実確認はできないので何とも言えないけど。

 とにかく、私は坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動できるように努めるしかない。

 

正法眼蔵がなければ死んでいた 私にとっての正法眼蔵 行仏威儀その七十七

 岩波文庫173ページ「雪峰の「在火焔裏、転大法輪」、かならず委悉(いしつ)に参学すべし。玄沙の道(どう)に混乱することなかれ。雪峰の道を通ずるは、仏威儀を威儀するなり。火焔の三世諸仏を在裏せしむる、一無尽法界・二無尽法界の周遍のみにあらず。一微塵二微塵の通達のみにあらず。転大法輪を量として、大小広狹の量に擬することなかれ。転大法輪は、為自為他にあらず、為説為聴にあらず。」

 雪峰義存禅師の「在火焔裏、転大法輪」という言葉は必ず細かく丁寧に学ばねばならない。玄沙師備禅師の言葉と混同してごちゃごちゃにしてはいけない。雪峰義存禅師の言葉がどういうものかを理解するということは、坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動している方=仏、の威儀のある姿を威儀のある姿であるとわかることである。炎のように燃え盛っている日常の中に過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々を有らしめるということは、一つの広大な宇宙、もう1つの広大な宇宙に行き渡っているというだけではない、また極めて小さなもののどれにも行き渡っているというだけでもない。大宇宙の真理を展開するということを、人間の頭の中で測れる「量」としてとらえて、大きいとか小さいとか広いとか狭いなどととらえてはいけない。大宇宙の真理を展開するということは、自分のためにするのではないし他のためにするのでもないし、説くためにするのでもないし、聞くためにするのでもない。

 私は転大法輪というのは、この炎のように燃え盛っている日常生活を坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動していくことだと説いておられるのだと思っている。

 そのときは、これはすごいとか、これは小さいとか、自分のためになるとか、世間の役に立つとか、そんな「頭の中の考え」なぞ吹き飛んで存在しないのだ。

 そこに仏としての威儀が現れる。

 人間の価値は、この日常生活の瞬間瞬間にどのような行動をとるかで決まる。路上でたむろして酒を飲むという行動がどのようなことなのか、これを理屈で論じるのはくだらない。理屈でいくら「人間の価値」を言ってみたところでそれだけでは何にもならない。

 今の世の中、言葉、理屈に溢れている。しかし、言葉、理屈だけでは何も解決しない。

 坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動しましょう。それしかない。

 

 

 

正法眼蔵がなければ死んでいた 私にとっての正法眼蔵 行仏威儀その七十六

 岩波文庫172ページ「しかあれば、転法にかならず聴法あるべしときこえず。又、「三世諸仏、為火焔説法」といはず、「三世諸仏、為三世諸仏、転大法輪」といはず、「火焔為火焔、転大法輪」といはざる宗旨あるべし。転法輪といひ、転大法輪といふ、その別あるか。転法輪は説法にあらず、説法かならずしも為他あらんや。」

 そういうことであるから、法を説くときには必ず法を聞くことがあるとは言っていない。また、過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々は炎のために説法すると言っていないし、過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々は過去・現在・未来の永遠の仏といわれる方々のために大宇宙の真理を説くとも言っていないし、炎は炎のために大宇宙の真理を説くとも言っていない。転法輪とも言うし、天大法輪とも言うが、それは別のものなのか。大宇宙の真理を説くという必ずしも自分とは別のもののためにするのでもない。自分とは別のもののためにするのでもない。

 私はここのところは、坐禅して大宇宙の真理と一体となってこの炎のように燃え盛っている日常を必死になって生きることがすべてだ、というように感じる。言おうと思えば色々なことが言えるが、結局のところは瞬間瞬間一生懸命に生きるしかない。この坐禅して一生懸命に生きることが大宇宙の真理を説くこと=転法輪なのだと思う。誰かのためにするのではない。自分自身が必死に生きることがすなわち大宇宙の真理を説く

ことなのだと思う。日常生活を一生懸命に生きることが大宇宙の真理を展開していることなのだ。だから日常生活が尊いのだと思う。

 オリンピックやコロナなど色々ある。政府の対応がどうの、IOCがどうの、色々言っている。もちろんこれらのこともきちんと分析・評価しなければいけない。しかし、究極的には一人一人が瞬間瞬間どのように生きるかにかかっていると思う。その積み重ねの上にしか社会、世界は成り立たない。上っ面の議論、理屈はもういい。政府も与党も野党もいい加減にしなさいよと思えてならない。独りよがりの幼稚さばかりが目に付く。

 坐禅して大宇宙の真理と一体となって行動しましょう。